ページのトップへ

FMAは青少年たちと共に希望の種を蒔く

VIDES

ローマ(イタリア)

 10月9日から11日まで、ローマのサレジアーヌムで国際VIDESの会合が行われました。この日々に、ヨーロッパのVIDESのデレガータと管理運営評議員と数名の若い会員が出席しました。たいそう有意義だったのは、そのほかに、VIDESの名誉会員(サレジアニ・コオペラトーリ、FMAの同窓会と“アウクシリウム”大学からの代表者が参加されたことです。

 「ボランティア活動が現実に変化をもたらすか、または、現実がボランティア活動を変化させるのか」という質問は、若者の教育的ボランティア活動の国際的アソシエーションのVIDESに挑戦する、多様な世界的シナリオに問いかけています。社会における若者の役割は何か。講師の方たちは各人の権利の擁護のために介入が予想される可能な活動について一緒に考察するためのヒントを提供されました。社会は絶えず暴力、破壊、社会的堕落から脅かされています。若者たちはこれらの状況を変えるために何かしたいと望んでいます。VIDESの提案は若者たちに愛の文明を築くために個人だけでなく、環境そのものに変化をもたらす行動の主役になる場を提供することです。

 世界に広がるVIDESのすべてのグループのボランティア活動の報告は、若者たちがFMAと共に社会に刻み込むことができることを示しました。あるグループの活動は外面から見ると、普通の生活の中に入る単純な活動であり、それに反し、非常によく組織された活動で、その地域に強烈なインパクトを与え、現地の権威者から認められた活動もありました。しかし、すべては現実を変化し、現代の難しい状況を照らす希望の小さな光をともすものであることを示しています。

参考サイト  FMA con i giovani seminando speranza