ページのトップへ

今から後、“全世界に行きなさい”

_21_1_1_1161_[1]

今から後、“全世界に行きなさい”   2017.2.1  ローマ(イタリア) 

 扶助者聖母会の総長、マードレ・イヴォンヌ・ランゴアは、2月1日、総本部のコムニタと世界に、14人の新しい宣教女の任地をお知らせになりました。

聖ヨハネ・ボスコの祭日と、奉献生活の日の前日に識別のプロセスが終わる日に、マードレは新宣教女たち14人に、お会いになり、各自に任命される管区の名前をお伝えになりました。

宣教部門の評議員、スオル・アライーデ・デレッティとその協力者たちは、新宣教女たちの識別と養成の歩みに同伴し、彼女たちを受け入れた諸管区に対し、修道会が教会の宣教熱意に燃えている時期に、ドン・ボスコの福音宣教に対する渇望を満たすことができたことも感謝しました。

この時期に、教会も修道会も、宣教の新しい息吹を呼吸しています。パパ・フランシスコは宣教に関して、倦むことなく話しておられます。2016年10月23日の世界宣教の日に言明されました。「今日は宣教の日です。勇気を出す時です。福音のために、おぼつかない足取りを強くする勇気を出してください。福音のために身を捨てることを喜びなさい。自分の使命を果たす力に信頼を取り戻してください。闘うため、福音を告げ知らせるため、皆に自分を開くために、勇気が必要です」。

マードレ・イヴォンヌ・ランゴアも、チルコラーレ964号の中で、最初の宣教女派遣の140周年の折に、確信をもって言明されます。 

次に、2大陸の13管区から来ている15名の新宣教女の氏名、出身管区、任地の表を載せます。

Nome

Ispettoria di PROVENIENZA

DESTINAZIONE

Sr. Bohórquez Aída Lucía

CBN – Colombia

BEG – Belgio Nord

Sr. Bui thi Thuy Phuong Maria

VTN – Vietnam

PAR – Chaco Paraguayo

Sr. Chacko Mary

INB – India

AFM – Sud Africa

Sr. Cherayath Anna Rani

INM – India

CMY – Cambogia

Sr. Cherian Mary

INB – India

AFE – Kenya

Sr. Domínguez Areco Laura   

PAR – Paraguay

VEN – Venezuela

Sr. Guillén María Margarita

CAM – El Salvador

ANT – Cuba

Sr. Louis Alexandra

HAI – Haiti

FRB – Tunisia

Sr. Dauwalter Suzanne

SUA – Stati Uniti

MOR – Egitto

Sr. De la Rosa Theda

FIL – Filippine

AFO

Sr. Molina González Cecilia

CIL – Cile

BCG – Campo Grande

Sr. Monteiro Franco Tânia   

BCG – Brasile

TIN – Timor

Sr. Nguyen thi Le My Teresa

VTN – Vietnam

ANG – Angola

Sr. Silva (da) Pereira Mônica

BMA – Brasile

MOZ – Mozambico

Sr. Yun Hee Kyung Elisabetta

KOR – Corea

BMA – Manaus

2月1日のボナノッテの間に、マードレはローマの総本部の姉妹たちにお会いになって、15名の新宣教女の任地をお伝えになり、歓迎と祈り、兄弟的生活に同伴し、福音を告げ知らせるための責務において新しい生き方をするために支えとなったコムニタに感謝なさいました。

 「わたしたちは奉献生活の世界的祝日の前日におります。毎日新たな喜びでわたしたちの心を満たす召命の賜物に対して、わたしたちの感謝をおささげしましょう。明日の神のみことばが、わたしたちに伴ってくださいますように。「見よ、わたしは使者を送る。彼はわが前に道を備える。あなたたちの待望している主は、突如、その聖所に来られる」(マラキ 3,1)。最初の宣教女派遣の140周年に、主は、ご自分に従うために、すべてを捨てる徹底的な召命に、諸国民への宣教女たちを招き続けておられます。いのちの主は、自分の人間性の豊かさと、会憲と、すべてをしてくださった扶助者聖母のご絵をたずさえている宣教女たちを派遣されます。宣教の熱意がさまざまな環境にいる大勢の若者たちに燃えて広まり続けることを願いましょう。

 スオル・アライーデ・デレッティは新宣教女たちの出身管区と任地の管区の管区長方にお手紙を送り、この姉妹たちが諸国民への宣教の召命に応えることを許可された寛大さに感謝されました。この具体的な行いは、まなざしを広げたしるしであり、これによって、派遣した管区と受け入れた管区に、召命が花咲くようになると確信されました。それは主がつねにお望みになる時に招き続けておられるからです。

 すべての管区にスオル・アライーデは、2017年11月14日に、大勢の宣教女の派遣の実り豊かな歩みを記念することを伝え、第23回総会がわたしたちに願っていることを想起させ、FMA全員の宣教熱意に感謝しました。「エマオの弟子のように、信仰と希望のうちに堅固にされ、福音の光を必要としている「青少年の辺境」に向かって、勇気と喜びをもって出かけて行きます」(第23回総会議事録 62)。

新宣教女たちは6月の末まで、養成の歩みを続けるために、教皇庁立ウルバニア大学の養成コースに通い、「マードレ・エルシリア・カンタ」霊性センターと総本部のもとで行われる集会に参加し、聖エジディオ共同体と、サレジオ会の「希望の聖母」小教区教会において使徒職の体験をする予定です。 

参考サイト  D弛ra in poi, 殿ndate in tutto il mondo!