ページのトップへ

イタリアのオラトリオにアレッポより

アレッポ

2016.6.10

イタリアのオラトリオにアレッポより

わたしたちの夏期センターを支えてください

 

 アレッポの主任司祭、イブラヒム・アルサバ師は、今年の夏期センターを組織するイタリアの主任司祭たちに、一通の手紙を送りました。それは今年の夏休み中に来る子供たちと少年少女たちに、中東の現状について敏感になってほしいという願いの内容でした。「ここアレッポでも、少年少女たちは聖地を守るフランシスコ修道会の兄弟たちから活気付けられ、キリスト者の共同体のもとに集まりますが、戦争によって荒廃した市内において落ち着いた喜びの時をもつのは容易ではありません」とアルサバ師は書いています。「アレッポも市内の半分は破壊されて、祈りと落ち着いて話し合う時をもつことはできません」。

 アレッポの夏期センターを助けるための、イタリアのオラトリオとの兄弟関係

 アレッポの主任司祭の提案は、日常的に戦争のさなかに生きている人たちに対する親しさを実感させるために、シリアのオラトリオとの兄弟関系を実現することです。“わたしたちのグループはシリアの子供たちを助ける”ために必要なすべてのことをしたいと望んでいます。

 分かち合いのあらゆる行いは喜んで受け入れられるでしょう。

 いつくしみの特別聖年の機会に、アレッポにおいて身につけた、いつくしみの行いについてのパンフレットを準備しました。この小冊子は聖地を守るフランシスコ会の修道士たちの活動を描いています。

 「あらゆる分かち合いの行いは、ここでは喜んで受け入れられています。わたしたちアレッポのキリスト信者全員に知らせるために重要な、一枚の絵、一つの詩、一通の手紙などを集めたパンフレットを作りました。それは、主がわたしたちを保護し、守り、この世に平和を取り戻してくださるように、皆が一致して祈るためのものです」と、パードレ・イブラヒムは結ばれました。 (ラジオ バチカン)

 

参考サイト   Frati di Aleppo agli oratori italiani: sostenete i nostri Centri estivi