ページのトップへ

姉妹都市 モルネーゼとカステルヌオヴォ・ドン・ボスコ

姉妹都市

 モルネーゼ(イタリア)9/5/2015
5月10日、モルネーゼでカステルヌオヴォ・ドン・ボスコとの姉妹都市提携式が行われます。
 待ちに待った式典です。この二つの村には、サレジアンにとって大切な二人の人物の生誕の地という共通性があります。それは、聖ヨハネ・ボスコとサレジアン・シスターズの共創立者聖マリア・マザレロです。2015年2月、ドン・ボスコ生誕200周年を機に親善の契約を締結しました。
 この二つの自治体の歴史には多くの聖性が存在しました。カステルヌオヴォは、囚人と死刑囚の保護者である聖ヨゼフ・カファッソ、コンソラータ宣教会の創立者福者ヨセフ・アラマーノ、ドン・ボスコの母福者マルゲリタ・オキエナの出身地であり、ついには聖ドメニコ・サヴィオに天国の門を開いた地ということで、「聖人たちの地」と命名されました。
 一方、モルネーゼには、マードレ・マザレロと同時代に、若いマインを信じ、そのもとで扶助者聖母会の事業を始めたドメニコ・ペスタリーノ神父、そして、二人のヘブライ人女性を生贄(いけにえ)の恐怖から救い出し、「諸国民の聖人(Giusto tra le Nazioni)」として最近知られるようになったルイジ・マザレロ神父がいます。
 共通の根源が一緒に結ばれています! 神を賛美し、マードレ・マザレロに感謝します!
 モルネーゼで聖マリア・マザレロへの愛と信心が捧げられる祭日を以て、この二つの村は「姉妹都市」として公認されることになります。
 実際に、1864年10月8日にモルネーゼで行われたドン・ボスコとマリア・ドメニカ・マザレロとの最初の有名な出会いの記念として、カステルヌオヴォ・ドン・ボスコの主任司祭をモルネーゼにお迎えし、彼がこの儀式を司式します。
 ドン・ボスコは、この村の霊的指導者であったドメニコ・ペスタリーノ神父から招待されまし。これは、現にサレジアン・シスターズの事業を通して実現される広くて、豊かな未来を開く招きであり、出会いでした。

儀式は、聖シルベストロ聖堂で聖体祭儀が行われ、続いてモルネーゼの役所広場でカステルヌオヴォ・ドン・ボスコ村との姉妹都市提携式が行われます。

参考サイト  Gemellaggio Mornese- Castelnuovo DB