ページのトップへ

教育コミュニケーションのセミナー(要旨) 

educomunicazione

ブエノス・アイレス(アルゼンチン)
3月15日から18日まで、ブエノス・アイレス(アルゼンチン)で、「今日の挑戦に対して、新しい方策による教育コミュニケーション」のセミナーが実施されました。
 このイベントはCELAM,SIGNISとFMA会を前進させる諸修道会の間の企画のうちに置かれています。ラテン・アメリカとカリブにおけるさまざまな体験を活性化する、教育コミュニケーションの“focus焦点”を確認する目的は、参加と建設的な方法によって達成されました。ウルグアイ、キューバ、ブラジル、コロンビア、ベネズエラ、エクアドル、ペルーとアルゼンチンから来た数人の教育コミュニケーションの担当者から提案された社会化の後、分かち合いと探求の多様な国々における教育コミュニケーションの実践を評価するためにいくつかの方策を突き止めることができました。
 本会の教育コミュニケーションの分野において経験のある数人のfmaの参加は、意義深いことでした。スオル。サラ・チェチリア・シエラは10年以上コロンビアの本会の師範学校で、教育コミュニケーションを子供たちと学生たちに教えてきた経験を紹介しました。スオル・ローザ・モッロは9年にわたって、サレジアン・スクールで教育コミュニケーションの方法の実践を分かち合いました。ペルーのスオル・トニー・アルダーナは「ラテン・アメリカのコミュニケーションのエキープの提案」として「ラテン・アメリカの教育コミュニケーションの教師養成の歩みにおける体験」を語りました。スオル・ジュリア・アルチニエガスは本会の社会広報部門の代表として参加しました。
 このセミナーに参加したfmaは、参加者全員の数からは少数でしたが、その質からいうと、優れた意義がありました。CELAMを代表して、スサナ・ヌイン博士と、SIGNISのアスンタ・モントヤ女史は、fmaの発言に対して感謝されました。

参考サイト Seminario di Educomunicazione