ページのトップへ

総会最後の2週間

総会最終段階

ローマ。今日11月3日、総会議員は、9月22日に開催された総会の最終段階に入りました。予定通り、11月15日、福者マダレーナ・モラーノの祝日に、マードレの最後のお言葉があり、総会議員全員が議事録にサインをし、サレジオ会総長アンヘル・ヘルナンデス・アルティメ神父様主式の聖体祭儀をもって閉じられます。

事実、選出の1週間中には、第23回総会のテーマについての考察、評価、提案が終わりませんでした。ここ数日はまだ、閉会前に取り組むべきたくさんの課題が残されています。最初は、総会に届けられたものですが、選挙前に考察し審議すべき規則の修正箇所の提示です。 会憲にある種々の点に関しては、すでに、考察し決議しました。

重要な点は、総会の規則の箇条の修正と、それを受けての投票による提議の提示です。総会が提議に従ってされたまとめは、次には、管区長やデレガータの仲介を通して明らかにされます。

その間に、編集委員会は全面的に総会議事録作成に取りかかります。識別と選挙の週間前日に、まだ暫定的ですが、草案ができあがっていました。総会議事録の作業は、あらかじめ個人的探究、振り返り、管区協議会内や言語別グループの分かち合いの時が設けられていました。

総会終了前に総会議事録の投票が行われます。続いて、管区協議会の集会があり、諸管区での第23回総会の伝達方法、『6年間のプログラム』や管区や3年目のヴェリフィカ、また新しい総評議会に提案したいことがあれば、それらについて話し合います。

11月8日、総評議員は、待ちに待ったフランシスコ教皇様との出会いの時がバチカンであります。

 

参考サイト Le ultime due settimane di Capitolo