ページのトップへ

被災地の方々の手作り品を販売しました!ボリビアデー

DSCN9185

                                      ボリビアデー(調布星美幼稚園)

    10月25日(土)、東京・調布星美幼稚園では、ボリビアデーが行われました。

幼稚園では、貧しい国の人たちに目を向けながら、自分たちが恵まれていることに気づき、自分たちには何ができるかを考える取り組みが行われています。このボリビアデーでは、保護者の方々の協力を得て、バザーが行われ、収益金と子どもたちの献金が、様々なところへ寄付されます。

  私たち「管区サポートセンター」も、調布星美幼稚園のご協力をいただき、「被災された方々の手作り品」と「三陸わかめ」などの販売を行わせていただきました。たくさんの方々が、手作り品を購入してくださいました。本当に温かい思いやりの心が感じられる時となりました。今回から販売した「三陸わかめ」も被災された漁業関係者の品物を、被災された仮設商店街の魚屋から取り寄せたものでした。こちらも好評で、たくさんの方々に購入していただき完売しました。皆様のご協力に心から感謝しております。